日々、せれんでぃぴてぃ

書きたいことをただ書きなぐる超雑記ブログ。

MENU

VAIO Z (クラムシェルモデル)を買いました。

スポンサーリンク

  

  f:id:yshknt0736:20160923200019j:plain

 

VAIO Zを買いました。(写真はフリップモデルです)

 

 

 

スペック

 

モデル:クラムシェル

OS:Windows 10 Pro

CPU:Core i5-6267U

メモリ:8GB

SSD:128GB

解像度:WQHD 2560x1440

 

モデルはクラムシェルを選択。

見た目は圧倒的にフリップなのですが、かなりお値段が張ってしまうので...

 

メモリは8GB。標準は4GBですが、せっかくVAIO Zを購入するのに

4GBというのは寂しいので1万円アップしますが8GBにしました。

ちょうど、キャッシュバックキャンペーン中で1万円返ってくるのでラッキー笑

 

解像度は2560x1440!綺麗すぎてビックリしました笑

 

 

価格は?

 

価格は180,000円

個人的にはちょっと高いかなと思います...

 

他社製ウルトラブックの価格は以下の通りです。

NEC(LAVIE Hyblid ZERO):約140,000円

DELL(New XPS13):約150,000円

HP(Spectre 13):約150,000円

東芝(Dynabook KIRA):約160,000円

 

 

高い理由は?

VAIO Zが高い理由は7つあります!

  1. エンジンが違う
  2. 4倍速いSSD
  3. 史上最強スタミナ
  4. 石で作られたクリックパッド
  5. 音で感じる高精度キーボード
  6. 高級車のドアのように閉まるノートブック
  7. 国産というよりもチームジャパン

 

①エンジンが違う

 VAIO Zは特別なグレードのエンジンを積んでいます。

 Z ENGINEと呼ばれる独自の高密度基盤と特別設計の放熱機構により、

 1ランク上のエンジンとなっています。

 

②4倍速いSSD

一般的なSSDの4倍の速度のSSDを搭載しています。

HDDと比べるとなんと20倍以上の速度差があります!

 

③史上最強スタミナ

VAIO Zの形状に合わせて専用設計された大容量バッテリーと、

独自の省電力技術により開発した影響パネルを組み合わせることで、

最強のスタミナを実現しました。

 

④石で作られたクリックパッド

クリックパッドに雲母片岩を使用しています。

 

⑤音で感じる高精度キーボード

加工精度を極限まで追求し、部品と部品が擦れない非常に静かなキーボードです。

 

⑥高級車のドアのように閉まるノートブック

高級車のドアのように静かに気持ちよくぴったりと閉まります。

 

⑦国産というよりもチームジャパン

設計から製造まで一貫して国内の自社工場で行っています。

 

2週間ほど使ってみての感想

購入から2週間ほど経過したので、使用感を。

 

①めちゃくちゃ早い!

とにかく動作が軽快です。

使用用途としてはブラウジングと動画視聴がメインのため、それほど処理能力を必要としませんがストレスを感じることは一度もありませんでした。

 

②バッテリー持ちが半端じゃない

バッテリーが全然減りません。

電源コードが外れたまま、2日ほど使用したのですが、バッテリー切れを起こしませんでした。メーカ値でバッテリー駆動19時間は伊達じゃない。

 

③USBポートが少ない...

VAIO ZのUSBポートは給電機能付きのUSB3.0と、通常のUSB3.0がそれぞれ1つずつの計2つしかありません。僕は外付けHDDとワイヤレスマウスを使用しているため、ポートが埋まってしまい、少々不便な思いをしています。

軽量化や薄さを実現するためには仕方なかったのかもしれませんが、あと1つポートがあると便利だなと感じています。

 

まとめ

お値段180,000円と少し値が張りましたが、USBポートが2つしかないことを除けば、大満足です笑

7月31日までの購入分には、VAIO株式会社設立2周年記念の10,000円キャッシュバックキャンペーンが適用されるので、本記事を読んで気になった方は、購入を検討されてみてはいかがでしょう??

 

vaio.com

 

紹介動画

 

 

 

追記

購入後3か月経過した時点でのデビュー記事を書きました。

合わせて参考にしてください。