日々、せれんでぃぴてぃ

書きたいことをただ書きなぐる超雑記ブログ。

MENU

ルパン三世(2015年TVシリーズ)を全話見終わったので感想を。

スポンサーリンク

 

  f:id:yshknt0736:20161009225148j:plain

 

2015年に放送していたルパン三世TVシリーズを全話視聴したので感想を書きます。

 

 

 

総評

 

まずは総評から。

総評としては毎回楽しむことができ、非常に満足度の高いアニメでした。

 

そもそも、TVシリーズ時代のルパンを知らない身としては、ルパンは年に1回金曜ロードショーで見ることができる希少価値の高いアニメだったわけでありまして。

そのルパンを毎週見られるってだけで、そりゃあもう嬉しいったらないです。

 

今作のルパンは全編を通してイタリアが舞台。(1話だけ日本での話有り)

セリエAやフィアットを話の軸とした回があったりして、しっかりとイタリア要素を含んでいるなと感じました。

 

TVシリーズオリジナルキャラもそれぞれ魅力的でよかったです。

ミセス・ルパンを公言するゴシップクイーンのレベッカ・ロッセリーニ(可愛い)に始まり、その執事であるロブソン

イギリス情報部MI-6のエージェントであるニクスとそれぞれに個性があり、全編見るとみんな好きになっちゃいます。

オリジナルキャラをメインにした回も結構あり、それがそれぞれのキャラへの思い入れを強くすることに繋がっているのかなと。

 

 

・レベッカ・ロッセリーニ(可愛い)の画像

  f:id:yshknt0736:20161009232916j:plain

 

 

中盤の「イタリアの夢」から始まるレオナルド・ダヴィンチとの戦いについては、可もなく不可もなくといった感じ。

まあ、物語の都合上最後に盛り上がるところを持ってこなければいけないわけで、仕方がなかったのかなと。

ニクスとは物語序盤で散々戦っていたので、最後の敵にするには役不足感が否めませんし。

 

最期の別れのシーンについては金曜ロードショーでもお馴染みのカッコいいルパンが見れて大満足でした。

面白いだけでなく1話完結の話が多くとても見やすいので、ぜひいろいろな方に見てほしいアニメになっています。

 

 

特に好きな回について

ここからは全24話の中から僕が特に好きな6話について紹介します。

 

第1話「ルパン三世の結婚」

   

  f:id:yshknt0736:20161009234253j:plain

 

まずは記念すべき第1話。

ルパンとレベッカの結婚式のお話。

ルパンダイブに屋根の上での追いかけっこ、ワイヤーで掴んだ木が折れて頭の上に落ちてくるシーンなど、ルパンシリーズのお約束だけでなくカリオストロの城オマージュもふんだんに盛り込まれており、往年のファンにはかなり嬉しい回ではないでしょうか。

 

 

第4話「わが手に銃を」

 

  f:id:yshknt0736:20161010000601j:plain

 

次元のお当番回。

歯の病気にかかった次元がギャングに支配される街を訪れる話。

とりあえず次元がカッコいい。台詞回しもお洒落で〇

あと、このお話限定で登場する女医さんが美人なところもGood。

 

 

第8話「ホーンテッドホテルへようこそ」

  

  f:id:yshknt0736:20161010113307j:plain

 

ルパンと次元の2人が呪われたホテルに宝物を探しに行く回。

次元が幽霊にビビる姿が新鮮で面白い。しかもそれを酒を飲んで誤魔化そうとするダメオッサンぷりもまた面白い笑

非常にまとまってて、1本の映画を見たかのような充実感を味わえます。本当によく30分でここまで完成度の高い話を作ったなと。

カーラたそもめちゃくちゃ可愛いし、かなりおすすめの1話です。

 

 

第9話「殺し屋たちの鎮魂歌」

 

  f:id:yshknt0736:20161010114857j:plain

 

ここまであまり出番がなかった五ェ門のお当番回。

五ェ門が以前関わった西アフリカ小国の独裁者暗殺事件についてのお話。

ここまで出番がなかったのはこの回のために準備をしていたと言わんばかりに五ェ門が大活躍します。

それにしても五ェ門って碌な女に引っかからないよね...(詳しくは本編の視聴を推奨)

 

 

第13話「ルパン三世の最期」

 

   f:id:yshknt0736:20161010122838j:plain

 

12話で逮捕されたルパンが監獄に収容される話。

まずは、冒頭のルパンと銭形の脱獄いたちごっこ。銭形のルパンについてなら何でも知ってるぜ感がでててすごくいい。

その後、孤島に置かれた鋼鉄製の監獄に収容され銭形一人で監視することになります。

監獄の中で死にゆくルパンとこのまま死んでほしくないが自分から脱獄を助けることはできないジレンマを抱える銭形。

2人の関係が凝縮されたかなり濃い1話になっています。

僕は見ていないので分かりませんが、TVシリーズ1stの名作「脱獄のチャンスは一度」のオマージュになっているみたいです。

 

 

第20話「もう一度、君の歌声」

 

  f:id:yshknt0736:20161010120838j:plain

 

ルパンが盗んだ車とその車を所有する夫妻のお話。

まず、「もう一度、君の歌声」っていうタイトルからお洒落。

アクションやド派手なカーチェイスはないですが、こんなルパンもたまにはいいと再認識させてくれる回です。

あと、最後に流れる「炎のたからもの」がずるい。

 

 

特に好きな6話を紹介しました。

どれも1話完結になっていて、単発で見ても楽しめる話になっています。

この他にもTVシリーズの大筋に関わってくる回である「イタリアの夢(前編)」「イタリアの夢(後編)」もおすすめできますが、単発では楽しみが半減するので割愛。

 

 

まとめ

 

今回紹介した回以外もどれも面白いので、ぜひ見ていただきたいです。

気になった方はレンタルビデオ屋さんにダッシュ!!

ちなみにHuluだと見放題らしいです。