日々、せれんでぃぴてぃ

書きたいことをただ書きなぐる超雑記ブログ。

MENU

”前前前世”でRADWIMPSを知った人に贈る、RADWIMPSのおすすめ曲まとめ。

スポンサーリンク

 

2016年最大級のヒットチャートといえば、RADWIMPSの”前前前世”

 

僕自身は中学生だった数年前から、RADWIMPSを好んで聞いていてRADWIMPSと言えば、日本でも屈指の知名度を誇るロックバンドだと思っていました。

しかし、どうやらそういう訳でもないらしく、”君の名は”の主題歌となった”前前前世”で初めてRADWIMPSを知ったという方も結構いるみたいです。

 

今回の記事では、”前前前世”でRADWIMPSを知った人に個人的なおすすめ曲を紹介したいと思います!

 

 

 

”前前前世”ってRADWIMPSっぽくないよ。

 

 

おすすめ曲を紹介する前にまず伝えたいのが、”前前前世”がRADWIMPSっぽくない曲だってこと。

 

・前前前世

 

曲自体はキャッチーですごくカッコいいThe邦楽ロック!って感じなんだけど、初めて聞いたとき、本当にRADWIMPSの曲なの?って思いました。

 

なんというか、”普通すぎる”

 

RADWIMPSといえば、独特のメロディーラインや、テンポのいいリリック(歌詞のことをリリックって書くと音楽通っぽいよね)というイメージが強い。

なので、そのどちらもないこの曲からはRADWIMPSらしさを感じないわけです。

 

しかし、唯一野田洋次郎を強く感じる部分があります。

そう、それは”前前前世”という曲名。

この曲名こそが、”前前前世”をRADWIMPSの曲たらしめる大きな理由なのです。

 

 

つまるところ何を伝えたいかというと、「前前前世好き!RADWIMPSってこういう曲を歌っているバンドなのね!」って思ってもらっては困るぞ!ってこと。

 

RADWIMPSはそんなクリーンで他に代えの効くバンドじゃなくて、もっとドギツいんですよ。だって野田洋次郎超変態だもん。

 

そこのところを念頭に置いて、読み進めてもらえると助かります。

 

 

おすすめ曲紹介

 

前前前世っぽい感じの曲たち

 

前前前世をRADWIMPSらしくないって書いたけど、それ以前にも同じような感じの曲を何曲か出しています。

 

君と羊と青

 

 

NHKのJリーグ中継に使用されていた曲。

地上波で使用されたということもあり、前前前世と同様に野田イズムが抑えられている印象を受けます。

 

特徴は、終始アップテンポで駆け抜けるような曲調です。

 

 

携帯電話

 

 

携帯電話もかなりキャッチー。

 

携帯を持つことが当たり前になった今の時代。

自分よりも自分のことをよく知っている携帯電話に疑問を抱きつつも、まあ好きな人と繋がっていると思えばいいか!といった感じの曲。

 

 

よく聞くとちょっとヤバい曲たち

 

次は普通に聞いている分には良い曲なんだけど、歌詞をよく見るとなかなかヤバい曲たち。

 

ふたりごと

 

 

RADWIMPSの中でもかなり人気の曲。

ヤバさを感じるのは後半の部分。

どうやら彼女が二人の運勢を占っているらしいのだが、どうやったらそんな歌詞思いつくのって感じ。

 

詳しくは以下の記事に書かれているので参照ください。


 

マニフェスト

 

 

どのアルバムに収録されておらず、シングルでしか聞けないというRADWIMPSとしてはなかなか珍しい曲。

 

総理大臣になったら彼女のためにやろうと思っていることを宣言している歌。

 

例を挙げると、

  •  日本国民から1円ずつ徴収して1億円の結婚式をする
  •  彼女の家まで電車を走らせる(終点は僕の家)
  •  彼女の誕生日を祝日にする
  •  彼女の両親に国民栄誉賞を贈る

といった感じ。

 

そしてこの中でも一番やばいマニフェストが

  • 国旗を君のあの形にする

 

!?

!?!?

あの洋次郎さん、あの形ってあれですよね?〇器ですよね?

やべえよやべえよ...(出川哲朗風)

 

他のはまだ可愛さがあるけど、さすがにそこまでやったらいかんでしょ( ゚Д゚)

 

 

野田イズム120%の曲たち

 

野田イズム120%で思わず胸やけを起こしそうな曲たちを紹介。

この曲を最高と思えるようになれば、あなたは立派な野田リストです。

 

 

コンドーム

 

RADWIMPS

RADWIMPS

 

 

1stアルバムに収録されている問題作。

”人生出会い”とか”愛へ”とかいうクリーンなタイトルな曲たちと一緒に収録されているだけに、余計に異色を放っています。

 

変えたい世界がここに 出会いたい未来が そこにあるから今から
I change my mind, THROW AWAY YOUR CONDOME!!

 

変えたい世界と出会いたい未来があるから、コンドームを投げ捨てるという発想が最高にロック。

洋二郎の中では「壁を破る=コンドームを投げ捨てる」という方程式でもあるのだろうかと疑念を覚えずにはいられません。

 

 

G行為

 

G行為

G行為

 

 

 

タイトルから溢れ出る野田イズム。

曲調は、RADWIMPSらしく独特な気持ち悪いテンポ(誉め言葉)だけど、歌詞はそこまでドギツくないです。

 

 

五月の蠅

 

 

RADWIMPS史上最高の問題作。

 

まず、曲の冒頭のフレーズが

僕は君を許さないよ。何があっても許さないよ。

ってところからヤバい雰囲気があふれ出てます。

 

しかも、その次が

君が襲われ 身ぐるみ剥がされ
レイプされポイってされ途方に暮れたとて
その横を満面の笑みで スキップでもしながら 鼻唄口ずさむんだ

ですからね!

 

どうしたの何があったの洋二郎?

確かに君は下種で変態だったけど、そこまで酷くはなかったよ!と思わず問い詰めたくなります。

 

さらに2番の同じ部分では、

通り魔に刺され 腑は溢れ 血反吐吐く君が助け求めたとて
ヘッドフォンで大好きな音楽聴きながら 溢れた腑で縄跳びをするんだ
僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

もう訳が分からないよ...

 

スキップですらヤバかったのに、ヘッドフォンで音楽聞きながら腑で縄跳びを始める始末。常軌を逸しているとかそんなレベルじゃないです( ゚Д゚)

 

 

まとめ

 

RADWIMPSのおすすめ曲を紹介してきました。

 

紹介した曲以外にも、数多くの名曲があるので、ぜひ全曲聴いてみてください!

ちなみに、今月の23日に”人間開花”というニューアルバムをリリースするらしいです。

 

ダイジェストを聞いた感じは、どれも前前前世寄りなキャッチーな曲が多めの印象。

久しぶりのアルバムということで、どぎついのを期待していた僕とすれば少々残念。

 

・「人間開花 ダイジェスト」