日々、せれんでぃぴてぃ

書きたいことをただ書きなぐる超雑記ブログ。

MENU

Apple Watch Series 4が発売されたタイミングであえてSeries 3を購入した理由。

スポンサーリンク

 

f:id:yshknt0736:20180927154409p:plain

 

 

みなさん、こんにちは。

この度、Apple Watch Series 3を購入しました。(少し前ですが)

 

 

 

このタイミングでApple Watch(しかもSeries 3)を購入したのかについて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

そもそも、なぜApple Watchが欲しくなったのか?

 

 

欲しくなった理由は3つありました。

 

 

1つ目は健康管理のため。

 

Apple Watchは歩数や歩いた距離、上った階段や心拍数も記録してくれます。

また専用アプリをインストールすることで睡眠時間を管理することもできます。

いくら20代前半といえど、今から健康を意識するに越したことはありません。

健康的な生活を送るには、まず自らの生活をデータとして知る必要があると感じ、Apple Watchの購入を検討しました。

 

 

2つ目はワークアウトを記録するため。

 

最近、久しぶりにランニングをしようと考えているのですが、ただ走るのでは味気ないと思っていました。

折角走るならどれくらいの距離を走ったのかや、どれくらいの時間で走れるようになったのかなど記録することで成長を実感したいところ。

Apple Watchはこの用途でも力を発揮してくれます。

 

 

3つ目は電子決済で使用するためです。

 

僕はコンビニやガソリンスタンド等、日常的に利用できるところは全てApple Pay(電子決済)で支払いをしています。

これまではiPhone をポケットから出していたのですが、それさえ面倒になってきたのでApple Watchでスマートに支払いたいと思いました。

 

 

以上の理由からApple Watchを購入することに決めました。

 

 

あえてSeries 3を購入した理由

 

 

僕はアップルスペシャルイベントで最新のApple Watch Series 4が発表されたタイミングであえて1つ前のSeries 3を購入しました。

 

その理由は次の2つからです。

 

 

理由①:Series 3が値下げされたため

 

 

Appleは新モデルを発表した後、旧モデルを値下げするイメージがあります。

 

Apple Watch Series 3も御多分に漏れず、GPSモデルが36,800円から31,800円、GPS+Cellularモデルが45,800円から41,800円に値下げされました。

 

GPSモデルだと5,000円値下げされており、かなりお買い得になりました。

 

 

 

理由②:Series 3でも十分なスペックだと判断したから

 

 

Series 4になっての変更点は大きく以下の3つです。

 

①デザイン刷新に伴うディスプレイの大型化

②心電図測定に対応

③処理速度の向上、スピーカー音量アップ

 

 

ディスプレイの大型は魅力的ですが、店頭で試着してみると42mmモデルを選べば、視認性と操作性ともに問題ない感じがしました。(ここら辺は継続して使っていかないと何とも言えませんが...)

 

その他の進化は個人的にそそられるものはなく、僕の使用用途的ではSeries 3のスペックで十分だと判断しました。

 

 

 

まとめ

 

 

ということで、Apple Watch Series 4が発売されたタイミングであえてSeries 3を購入した理由でした。

 

Apple Watchの購入を検討されている方は、この記事のような目線で再度Series 4とSeries 3を比較してみてはいかがでしょうか?

 

今後、Apple Watchを使ってみての使用感についても記事にしていけたらと思います。